FF14をプレイできるゲーム向きのパソコンとは

2017年1月24日

モンストやパズドラなどスマホーゲーが全盛の昨今。PCオンラインゲームの大型看板としてFF14は存在感を示しています。
そんなファイナルファンタジーXIVを存分に楽しむことが出来るパソコンとはどのようなものか。ポイントを挙げながら解説していきたいと思います。なお今回の解説はFF14だけでなくその他のPCオンラインゲームにもあてはまることなので「オンラインゲーム初心者」「パソコンを触ったことのないスマホ世代」にもご理解頂ける内容だと思っております。

FF14をプレイするにあたって必要な環境はディスプレイやインターネット回線速度などが挙げられますが、最も大切なのはやはりパソコン本体ではないでしょうか。FF14が快適にプレイできるスペックのゲームパソコンを用意するにあたって色々調べてみると、自作かBTOという選択肢が考えられます。自作というのはCPUやマザーボード、GPUなどパーツごとに購入して自分で組み立てるやり方。BTOはパーツを選択してパソコンショップで組み立ててもらうやり方です。

どちらもメリットとデメリットがありますが、基本的にPCパーツを選ぶうえで大切なのは、FF14の推奨スペックを大きく上回る構成にすることです。これは特に高画質でプレイしたいときに重要で、スペックが劣っていると画質が悪いだけでなくプレイ環境にも支障が出ることがあるためです。特に重視したいのはCPUとGPU(ビデオカード又はグラフィックカード)の2つです。

推奨のCPUはCore i5 2.66GHzですが、アップデート等、今後のことも考えるとグレードが上となるCore i7が良いでしょう。価格は上がりますが、コア数が増えるためFF14と他の作業を並行して行うことも不都合がなくなります。また、ゲームパソコンとしてだけではなくFF14の他に動画鑑賞や動画編集も行えるパソコンとして活躍することも可能です。
また、ゲームPCで重要なパーツといえば繰り返しになりますがGPUです。グラフィックカードは半年ごとくらいに新製品が登場し旧機種が値下がりするため選択が難しいパーツですが、推奨されているGeForce GTX 660は旧世代の製品なので、今ですと最新のGeforce GTX 10シリーズが性能が優れているのでおすすめです。最新のCPUとGPUを搭載したゲームパソコンであれば最高画質でプレイすることができるので、FF14の美しい世界を堪能できるのではないでしょうか。

中古パーツで自作も考える

ゲームパソコンと名付けられ販売されているパソコンがあることから、オンラインゲームをしようとすればそれなりのスペックや機能を兼ね備えたパソコンを選ばなくてはいけません。基本的に各オンラインゲームで推奨されている以上のスペックを持ったパソコンであれば快適にゲームをプレーすることが可能だと思われます。FF14であればメインメモリは2GB、HDD空き容量20GBが推奨とされていますが、ギリギリこれを満たすという状態であれば、多少お金がかかってもハイスペックなパソコンを購入すべきでしょう。

ただ私自身、そういう助言を得てからオンラインゲームを始めたのですが、ゲームパソコンとして売られている製品は非常に高価なため、購入するのをためらいました。さてどうしたらいいものか…。おすすめゲームPCの販売サイトを眺めていると「自作」の文字が…。そうか、パソコンを組み立ててしまえば安上がりで何とかなるかも知れない。どうせ買うなら少し前の中古物が良いだろう。私はオンラインPCショップを見て回りほとんどのパーツを中古で集めました。メインメモリは手が出る限り増やし、容量の大きなHDDを入れ、可能な限り高解像度で大画面のモニタを選びました。総額では普通に同程度のパソコンを買う場合の7割ほどの予算で組み立てることが出来ましたね。


PAGE TOP